沿革

1961
植村伴次郎(現・最高顧問)が東京都港区 芝田村町に株式会社 東北新社設立
テレビ映画『ハイウェイ・パトロール』等の日本語版吹替えより事業をスタート
1962
テレビ局への外国映画・ドラマの配給事業を開始
1963
テレビドラマ『女の武器』を皮切りに『無法松の一生』『戦国群盗伝』等テレビ番組を制作
1964
株式会社 新日本映画社を買収し、CM制作事業を開始
1966
人形特撮テレビシリーズ『サンダーバード』を配給し、一大ブームに
1969
丸善石油ガソリンCMを制作、「OH!モーレツ」が社会現象に
1970
株式会社 テレビテクニカを設立
株式会社 ビデオ・グラフを設立し、商品販売事業を開始
1972
ナショナル麻布スーパーマーケットを買収
1973
ニューヨーク・オフィスを開設
1977
劇場映画『遠すぎた橋』を配給し、大ヒット
1979
米合作映画『将軍 SHOGUN』をパラマウント・東宝・テレビ朝日と共同製作
テレビシリーズ『将軍 SHOGUN』が米国エミー賞を受賞
1981
テレビテクニカでビデオ収録業務を開始
1983
ロサンゼルス ハリウッドにCENTE SERVICE CORPORATIONを設立
1984
CG制作事業を開始
株式会社 二番工房を傘下にいれ、CM制作事業を拡大
1986
株式会社 スター・チャンネルを合弁により設立し、放送事業に進出
セールスプロモーション事業を開始
田園調布にスーパーマーケットDen-enを開店
1987
株式会社 オムニバス・ジャパンを設立
日本天然色映画株式会社を買収
1989
スーパーチャンネルを開局
劇場アニメ映画『機動警察パトレイバー』を製作
等々力放送センターを設立し、衛星送出業務を開始
1990
日本天然色映画株式会社を株式会社 ニッテンアルティに移管
1992
株式会社 デジタル エッグを合弁により設立
1993
日清カップヌードルCM「シンテトケラス」がカンヌ国際広告祭でグランプリを受賞
1995
映像学校 映像テクノアカデミアを開校し、教育事業を開始
ファミリー劇場およびプレイボーイ・チャンネルを開局
1997
株式会社 東北新社クリエイツを設立
1998
クラシカ・ジャパンを開局
2000
劇場映画『長崎ぶらぶら節』を製作
劇場映画『PARTY 7』を製作
テレビドラマ『永遠の仔』を企画・制作、ATP賞ドラマ部門最優秀賞を受賞
オムニバス・ジャパン 新橋ビデオセンターを開設
2001
ヒストリーチャンネルをアメリカA&E社との合弁により開局
劇場アニメ映画『千と千尋の神隠し』を徳間書店・日本テレビ他と共同製作、観客動員数および興行収入の日本記録を更新
劇場映画『陰陽師』を製作し、大ヒット
株式会社 オン・ビットの設立に参加
2002
港区 赤坂に東北新社新本社ビル完成・移転
オムニバス・ジャパン TFCスタジオセンターを開設
ジャスダック市場に上場
2004
港区赤坂にオムニバス・ジャパン新本社ビル 赤坂ビデオセンターを開設
2005
株式会社サーマル、株式会社ティーエフシープラスを設立
ザ・シネマを合弁により開局
2006
港区西新橋にオムニバス・ジャパン新橋ビデオセンターを新たに開設
2007
株式会社ホワイトボックスを合弁により設立
2009
株式会社ニッテンアルティと株式会社サーマルが合併、株式会社リフトを設立
2010
世田谷区等々力に「等々力スタジオ&ライブラリー」を開設