投資家の皆様へ

ユニークな総合映像プロダクションとして、
映像文化の創造と発展に貢献し、次世代への成長を生み出します

東北新社は、創業以来培った様々な事業を通じて『映像文化の創造と発展』に貢献してまいります。自ら創造した成果によって、人々に新しい驚きや喜び、そして感動を与えることが、私たちの使命です。
創業55周年を迎えた東北新社の成長の原動力となってきたテレビメディア、そして広告業界は、今、大きな変革期を迎えています。私たちは、多様に広がり、成長し続ける映像の世界において、積極果敢な挑戦を通じて、次世代の成長を生み出してまいります。

『広告プロダクション事業の体制強化』
テレビ広告市場の成熟化とともに、競合企業間で一段と熾烈なシェア争いとなっています。当社は今期、CM部門の抜本的な機構改革を行い、シェア奪還を目指してまいります。経営トップと現場が直結したフラットでシンプルな組織に再編し、リーダーの若返りとベテランのサポート体制を強化しました。関連会社を含め、5拠点体制にて、それぞれが顧客ニーズを深掘りし、それぞれの個性的価値を追求することで、多様な市場ニーズを獲得してまいります。

『メディア事業のインターネット配信サービス強化』
専門放送市場では、スカパー!、ケーブルテレビ、ひかりTVなどの加入が伸び悩んでいます。一方で、Hulu、NetflixやAmazonなどネット映像配信サービスが続々登場しています。当社は、今後、拡大が見込まれるインターネット映像配信市場に対して、先行投資を今期より本格的に開始します。従来の配信経路やテレビに加えて、インターネットを通じてあらゆるデバイス、スマートフォンやタブレットなどで、いつでも、どこでも楽しめるサービスへと発展させてまいります。従来のリニア放送の補完として、さらにビデオ・オン・デマンドも加えた複合的なサービスとして進化させてまいります。視聴契約者と直接向き合いながら、特定の嗜好を持ったコミュニティに対して様々なサービスを提供してまいります。
中でも当社のフラッグシップとなるスター・チャンネルにおいては、昨年の連結子会社化を通じて、当社が主導的にサービス内容とマーケティングの再強化を行い、再び成長軌道へと乗せてまいります。世界的大ヒットとなっている『ゲーム・オブ・スローンズ』など米国プレミアムチャンネルHBO作品の独占放送権獲得など、コンテンツ強化を図っております。さらに、「STAR CHANNEL MOVIES」と冠した劇場公開作品の提供などを通じて、BS10チャンネルという資産を活かし、「『映画ファン』へ向けた、プレミアムサービス」という本来の価値に立ち戻って、ファンや契約者へのサービス強化を進めてまいります。

これら重点改革と投資を行う主要2事業に加え、コンテンツプロダクション、プロパティ、物販の各事業においても堅調に推移する既存領域を基盤としつつ、それぞれ成長領域の模索とチャレンジを続けてまいります。新プロジェクトとして、アニメ声優オーディションを全社横断にて実施し、新規事業開拓を進めております。

前期末において、これまで取り組んできた借入金圧縮が完了し、ほぼ無借金経営となりました。一方でメガバンク3行のシンジケーション方式によるコミットメントライン200億円を確保しており、投資プロジェクトに応じて資金調達を進めてまいります。また55周年記念配当を実施いたしました。今後も安定的・継続的な配当に努めてまいります。なお監査等委員会設置会社に移行し、ガバナンスの強化を図ってまいります。

東北新社は、他に追随を許さないユニークな総合映像プロダクションとして、お客様や社会からの信頼を大切にしつつ、次世代の成長領域を育成するための積極的なR&D投資を通じて、一層の企業価値向上を目指してまいります。今後とも一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

東北新社 代表取締役社長植村  徹

東北新社 代表取締役副社長二宮 清隆