エントリー

仕事

東北新社は総合映像プロダクションとして、さまざまな事業を展開しています。

CMディレクター・プランナー

ディレクター・プランナーの仕事は、主にCM、WEB動画、映画、ドラマ、ミュージックビデオなどの映像コンテンツを企画し、映像化することです。また、企業やプロダクツのキャラクター開発を手掛けることもあります。

CMディレクター・プランナー職は、「ディレクター」「プランナー」という2つの職種があります。主にCM、WEB動画、映画、ドラマ、ミュージックビデオなどの映像コンテンツを企画し、映像化する仕事です。また、企業やプロダクツのキャラクター開発を手掛けることもあります。

「ディレクター」…広告主が選んだ企画の主旨を理解し、広告会社のクリエイティブスタッフ、プロデューサーとともに演出プランを構築して演出コンテ(CMや映像コンテンツの設計図)を作成します。その演出コンテを基に、優秀なスタッフと知恵や意見を交わし最適な手段、手法(例えばスタジオ撮影、海外や国内のロケーション撮影、VFX、アニメーション、音楽、ナレーターなど)を選択、検証を重ね、緻密に計算しインパクトある作品へと導きます。完成試写では拍手が沸き起こることもあります。作品がオンエアや公開されたとき、プロジェクトが成功したときは大きな達成感が得られます。

「プランナー」…CMや映像コンテンツの企画を考え、コンテとして提案します。主に、広告会社のクリエイティブスタッフとプロデューサー、プランナーの数名編成のチームを作り、集い、アイデアを出し合い、意見を交換しながら企画を完成させます。自分の企画が選ばれたとき、競合プレゼンに勝利したとき、手掛けた作品がオンエアや公開されたとき、プロジェクトが成功したときは大きな達成感が得られます。

ディレクター、プランナーは作(創)る喜びあふれるやりがいのある仕事です!新人のときは、先輩ディレクター、プランナーの下で、アシスタントとして経験を積みます。先輩の出す企画や、提案方法を体感し、多くの仕事に関わることで、自らの企画力、提案力がみるみる上がっていきます。ターゲットの共感を得る企画の種は、映画やテレビ、ドラマ、小説、マンガ、アート、音楽を問わず日々の経験など、至る所に散らばっています。日々、好奇心を持ち、クリエイティブの感度を高めることが大切です。画力はある程度必要ですが、まずは、商品、サービスの理解力、豊富なアイデアと、企画や演出意図をしっかり伝えるコミュニケーション能力を高めることが重要です。

※CMディレクター・プランナー職は、動画エントリーとクリエイティブテストを実施します。動画エントリーの秒数制限は30秒です。新しく撮影した作品、過去の作品をダイジェストとしてまとめ提出することも可能です。クリエイティブテストは、絵コンテによるCM企画案の作成が中心で、課題に対していかに多くの個性的な企画案を出せるかがポイントとなります。

つづきを見る閉じる

社員紹介

1~3年目
4〜6年目
7年目以降

閉じる

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、プロモーション制作事業部に所属し、広告や販促物などのデザイン制作がメインの仕事となります。その中身は、コンセプト開発(企画)からデザイン、アートディレクションと、多岐にわたります。

具体的な仕事には、新聞広告、雑誌広告、交通広告、キャンペーン展開ツール、パンフレット、チラシ、DM、ロゴ制作、そしてPR誌(商品・企業)の編集業務などがあります。また最近では、プロモーション制作のスタッフと連携して、映像、WEBコンテンツ、イベントの空間デザインなど、グラフィックにとどまらず、コミュニケーション全般のディレクションを手掛けるなど、活躍のフィールドは広がってきています。

デザイナーの仕事には、大胆な発想と緻密な仕上げが求められます。
受け手にどう伝えるのか、コンセプトはどうするのか、どんなイメージの写真・イラストが必要になるのかなど、あらゆる方向性を考え、そして判断し、着地させることが大切です。
また、しっかりと自分のデザインを主張する説得力も必要です。自分自身のフィルターを通して、最も効果的な形に表現することが求められる仕事で、シビアであると同時に、醍醐味ともいえます。
そのためには、常に新しい感覚や情報を取り入れ、柔軟な発想を持つことが必須となります。

一見華やかにみえがちですが、実際は細かい地味な作業も多く、作ることが好きでないとなかなか難しい職業です。しかし、思いを形にし、完成したものが受け手に届いて、評価が得られたときの喜びは格別です。

※グラフィックデザイナー職は、ポートフォリオの提出と筆記試験の際に専門試験を実施します。

つづきを見る閉じる

社員紹介

1~3年目
4〜6年目
7年目以降

閉じる