総合職 音響・字幕制作

閉じる

「毎日が学園祭」

ある社員が言いました。
「この仕事って毎日が学園祭みたいですね!」
皆さんも経験ありませんか?学園祭の本番当日を想像して、ワクワクしながら仲間と一緒に準備をしたこと。夢中で準備をしていたら、あっという間に夜になっていたこと。音響・字幕制作の仕事現場を何かに例えるなら、こんな所だとイメージしてください。

「日本の吹替の歴史とともに56年」

東北新社は1961年に、外国テレビ番組の日本語版制作事業から始まりました。東北新社の歴史とともに50年以上の伝統と実績を持つ当事業部では、現在大きく分けて「音響制作」と「字幕制作」を行っています。

「人気声優や有名俳優と一緒に作品作り」

当事業部では世界各国の映画やドラマシリーズの吹替・字幕制作を手掛けており、使用用途は劇場、放送、DVD・ブルーレイ、配信と多岐にわたります。また、ここ数年はアニメーションやゲームソフト、テーマパークのアトラクションなどの音響制作も増えていますので、皆さんもきっとご覧になったり、体験したことがあると思います。大作や話題作を手掛ける際は、人気声優のみならず、有名な俳優・女優と一緒に作品を作り上げていくこともあります!

「新入社員の皆さんへ」

新入社員の皆さんには、まずアシスタントとして、プロデューサーの下で制作工程の管理を行っていただきます。具体的には、制作スケジュールの立案、予算の作成・管理、翻訳などのスタッフ選定、原稿のチェック、各種スタジオの手配、スタジオでの進行管理など、制作過程の始めから終わりまでの全ての業務に携わります。
このような“モノ作り”の現場で、皆さんも一緒に仕事をしませんか!

※翻訳職について
翻訳はきわめて高度な技術と豊かな日本語の表現力を要求される職種であるため、専門教育を受けた経験者のみを採用しています。
翻訳職は今回採用予定がありませんのでご注意ください。

音響(日本語吹替)の流れ

社員紹介

CLOSE